メニュー

メガメニュー を閉じる

メガメニュー画像

現場ブログ

現場ブログ

2021/07/16

注文住宅を自然素材でお考えの方へ!そのメリットとデメリットを紹介します!

「注文住宅の購入を検討している」
自然素材の住宅を建てたい」
このようにお考えの方がいらっしゃるでしょう。
環境にも人間にも優しい自然素材は、近年注目を集めています。
この記事では、自然素材が用いられている住宅
メリットとデメリットについて紹介します。

□自然素材とは一体何か?

住宅によく使われる自然素材には、さまざまな種類があります。
まずは、それらの自然素材について紹介します。

1つ目は、無垢材です。
これは木から直接切り出した素材で、
住宅のフローリングや天井などのさまざまな箇所に使われます。
この素材の独特な木目は、プリント合板では表現できない高級感のある雰囲気を
演出できます。
さらに、この素材の種類によって木目がそれぞれ異なるので、
自分が理想とする住宅スタイルに合わせて選べるのも大きな魅力の1つと言えるでしょう。

2つ目は、漆喰です。
漆喰は消石灰からできている素材で、
一般的には壁や天井などの箇所の仕上げ材として利用されています。
漆喰は、昔からよく住宅に利用されていたので、長い歴史を持つ素材です。
滑らかな肌触りが特徴的です。
消臭効果なども併せて持っているので、住宅に用いる素材としてはピッタリです

3つ目は、珪藻土です。

珪藻土は藻の化石からできている素材で、
こちらも漆喰と同じく壁や天井の仕上げ材として使われます。
珪藻土は平面仕上げなどの模様のバリエーションがあり、
自分の家のみのオリジナルの内装を楽しめるでしょう。
消臭効果や調湿効果があるため、ジメジメする季節でも快適に過ごせます。

この他にもさまざまな種類の自然素材があるので、
ご自身が気になっている素材の特徴をチェックしてみましょう。

□自然素材が用いられている住宅の
メリットとデメリットについて

ここからは、自然素材が用いられている住宅の
メリットとデメリットについて紹介します。

まずは、メリットです。
1つ目は、人間の身体に優しいことです。
自然素材は、ホルムアルデヒドなどの発生原因となる化学物質が含まれていないので、
身体に優しい住宅を作れます。
アレルギー反応やシックハウス症候群を懸念している方には、非常におすすめです。

2つ目は、耐久性が高いことです。
住宅は月日が経つにつれて劣化を起こすので、定期的なメンテナンスが必要です。
一般的には、30年程度が住宅の寿命だと言われています。
もちろん自然素材で作られた住宅も例外ではないですが、
自然素材の住宅であればメンテナンスの手間が削減できます。
日常的に適切なお手入れをしていれば、
30年以上経っていても大掛かりなメンテナンスをしなくても済む場合があります。

 

次は、デメリットです。

それは、初期費用です。
自然素材は一般的に用いられる素材に比べて、コストが高い傾向があります。
しかし、メンテナンス費用を考慮すると一概に高いとは言えません
あくまで初期費用が少し高いということを覚えておきましょう。

□まとめ

この記事では、自然素材が用いられている住宅の
メリットとデメリットについて紹介しました。
自然素材を用いて注文住宅を建てたいとお考えの方は、
この記事で紹介した内容を参考にしてみてください。
春日井市で注文住宅の購入を検討している方は、
当社までお気軽にお問い合わせください。

 

■■■HAYAKAWA ARCHITECTURE STUDIO■■■
ハヤカワ建築工房株式会社
本物の自然素材で、家族に優しい住い造りを行っています
お問い合わせ http://ha-k-koubou.com/question/
お客様専用フリーダイヤル:0800-808-5588

本社)岐阜県中津川市付知町5663
TEL:0573-82-3843/FAX:0573-82-4556
春日井支店)春日井市押沢台2丁目6-8
TEL:0568-95-3723/FAX:0568-37-1145
ホームページ    http://ha-k-koubou.com

Welcome to Hayakawa!

CONTACT

岐阜・東濃、愛知・尾張で
新築一戸建ての家づくりをお考えの方へ

  • 最新イベント情報最新イベント情報
  • 資料請求資料請求
  • 家づくり無料相談家づくり無料相談

お客様専用番号

営業時間 9:00~18:00 (日・祝日を除く)