電話

メール

メニュー

現場ブログ

現場ブログ

2021/02/19

外観の決め方とは?注文住宅で失敗しないためのポイントをご紹介します!

注文住宅の外観の決め方についてお悩みの方はいませんか。
外観は家そのものの印象を大きく左右します。
そこで今回は、春日井市にお住まいの方へ向けて、
家の外観を決める要素と、
失敗しないために押さえておきたいポイント
をご紹介します

□外観を決める要素とは?

外観とは建物の外側から見た様子であり、
注文住宅を建てる方は外観にもこだわりたいとお考えではないでしょうか。
木造の和風スタイルや和モダンスタイル、北欧スタイル、
ブリティッシュスタイルなど、さまざまな種類の外観があります。
住まいの第一印象を決める部分でもあるため、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

家の外観は、
「家の形」、「窓」、「外壁」、「屋根」の4つの要素で決まります。
家の形と窓、屋根については、間取りにも左右されます。

そのため、外観ばかりにとらわれてしまうと、
快適な生活を送るために適した間取りにならない可能性や、
日当たりや風通しの良さを確保できない住まいになってしまうことがあるため
注意しましょう。
注文住宅の間取りやデザインを考える際は、まず家族みんなの過ごしやすさを考え、
その上で外観を決めていくことがおすすめです。

□外観で失敗しないためのポイントをご紹介!

おしゃれな外観に憧れている方は少なくないでしょう。
しかし、外観にこだわりすぎると失敗してしまうこともあるため注意が必要です。
ここからは、外観で失敗しないために押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

1つ目は、素材によってメンテナンスのしやすさが異なる点です。
異素材ミックスの外観が流行っていますが、複数の素材を使うとメンテナンスに手間がかかるため注意が必要です。
メンテンナンスにあまり手間をかけたくないとお考えの方は、手入れのしやすい素材を優先して選ぶと良いでしょう。

2つ目は、立地によっては劣化が早い場合がある点です。
日当たりや湿度が悪条件の場合、すぐに色あせてしまったり、カビが発生したりします。
立地によって適した素材があるため、外観の素材は慎重に決めましょう。

3つ目は、屋根は形状、素材だけでなく勾配も考えることです。
屋根のデザインが外観に大きく影響するのは、勾配が急勾配の場合です。
なぜなら、急勾配は屋根の面積が大きくなるため地上からよく見え、
外観に与える印象も強くなるからです。
しかし、面積が大きくなる分コストもかかります。
さらに、面積が大きいので耐風性も弱まるのがデメリットです。

4つ目は、クラックや隙間の発生です。
先ほども紹介したように、異素材ミックス型の外観はトレンドですが、
凸凹が生じることでクラックや隙間が発生し、ごみが溜まったり、
風が抜けたりする可能性があります。
これを防ぐために、目立たないようにV目地や型枠目地を入れると良いでしょう。

□まとめ

今回の記事では、注文住宅の外観を決める要素と、
失敗しないために押さえておきたいポイントをご紹介しました。
外観は見た目だけでなく、
立地条件に合わせて素材にもこだわるようにすると良いでしょう。
春日井市で注文住宅をお考えの方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

 

■■■HAYAKAWA ARCHITECTURE STUDIO■■■
ハヤカワ建築工房株式会社
本物の自然素材で、家族に優しい住い造りを行っています
お問い合わせ http://ha-k-koubou.com/question/
お客様専用フリーダイヤル:0800-808-5588

本社)岐阜県中津川市付知町5663
TEL:0573-82-3843/FAX:0573-82-4556
春日井支店)春日井市押沢台2丁目6-8
TEL:0568-95-3723/FAX:0568-37-1145
ホームページ    http://ha-k-koubou.com

まずは完成見学会や勉強会、
無料相談会に来て見ませんか。

家 写真

◆お客様専用番号

営業時間 9:00~18:00 [日・祝日を除く]

TEL.0800-808-5588

無料相談・お問い合わせ

PAGE TOP