メニュー

メガメニュー を閉じる

メガメニュー画像

現場ブログ

現場ブログ

2021/05/01

注文住宅で駐車場を作る時のポイント!種類と共に紹介します!

注文住宅を建てようとご検討中で、
駐車場を取り入れようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、どのように駐車場を取り入れれば良いのか
わからないという方もいらっしゃると思います。
そのため、本記事では駐車場の種類、取り入れる際の注意点について
ご紹介します。

□駐車場の種類について

まずは、駐車場の種類についてご紹介します。
駐車場は大きく分けて3種類あります。
防犯面などからどの種類の駐車場が良いか、ご家族の方と話し合いましょう。

 

1つ目は、オープンタイプの駐車場です。
この種類は、屋根や柱のない駐車場のことであり開放感があります。
この種類の場合は、建ぺい率などの規制にあたらないため自由な広さを確保できます。
しかし、防犯性が低いというデメリットがあります。

2つ目は、カーボートタイプの駐車場です。
この種類は、部屋と柱だけで作られた簡易的な車庫のことです。
この種類の場合は、雨が降っても乗り降りができることが特徴です。

3つ目は、ガレージタイプの駐車場です。
この種類は、建物の一部に車を入れる建物、または車専用の建物のことです。
車が四方で囲まれるため、防犯性が高いというメリットがあります。

 

 

□駐車場を取り入れる際の注意点について

次に、駐車場を注文住宅に取り入れる際の注意点についてご紹介します。
本記事では、2つの注意点をご紹介します。
駐車場を取り入れる際は以下の2つに注意してください。

 

1つ目は、所有する車を駐車するのに十分であるかどうかです。
現時点で所有している車を駐車するために問題のない広さを確保できるかを検討しましょう。
将来の家族構成などから車種の変更の可能性がある場合は、そのこともしっかりと検討してください。
また、注文住宅の設計をする際に現在の状況だけではなく、将来の予想も伝えるとそれに合わせて設計をしてくれるため、しっかりと伝えましょう。

2つ目は、ストレスなく車の出し入れができるかどうかです。
駐車場は、ストレスなく車を出し入れできるかが重要です。
特に、仕事などで車を使われる方は、余裕を持って設計しましょう。

 

 

□まとめ

本記事では、駐車場の種類、駐車場を取り入れる際の注意点についてご紹介しました。
本記事ではご紹介しきれなかった注意点などはありますが、注文住宅に駐車場を取り入れたいという方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、何かご不明な点がありましたら、当社までお気軽にご連絡ください。

 

 

■■■HAYAKAWA ARCHITECTURE STUDIO■■■
ハヤカワ建築工房株式会社
本物の自然素材で、家族に優しい住い造りを行っています
お問い合わせ http://ha-k-koubou.com/question/
お客様専用フリーダイヤル:0800-808-5588

本社)岐阜県中津川市付知町5663
TEL:0573-82-3843/FAX:0573-82-4556
春日井支店)春日井市押沢台2丁目6-8
TEL:0568-95-3723/FAX:0568-37-1145
ホームページ    http://ha-k-koubou.com

 

Welcome to Hayakawa!

CONTACT

岐阜・東濃、愛知・尾張で
新築一戸建ての家づくりをお考えの方へ

  • 最新イベント情報最新イベント情報
  • 資料請求資料請求
  • 家づくり無料相談家づくり無料相談

お客様専用番号

営業時間 9:00~18:00 (日・祝日を除く)